より良いOUTPUTのために、鋭意INPUT中!

アーモンド効果は嘘!?|90%が本当の効果を生かしていない?

7 min 254 views
アーモンド

自粛生活での健康ブームの一貫で再度注目を集めているナッツ、お馴染みのナッツの王様とまではいかないがフェイマス度ではトップレベルであろう『アーモンド』です。

いくら、身体に良いとはいえ
ただひたすらに喰らえば良いというものでもないのが食物です。

の記事を読めば、アーモンドの知られざる栄養成分など
予想以上のメリット・デメリットが判りますで、しっかり持ってってください。

それでは、本日もよろしくお願いします!

アーモンドは天然のサプリメント?

アーモンドは世界中で食されているナッツです。

ナッツには『不飽和脂肪酸』という美容・健康に良い上質な脂質が多く含まれています。

さらに、ビタミン・ミネラル・食物繊維も豊富で栄養価の高い食品なのです。

飽食の時代と言われながらも、まさに現代人が不足している栄養素がたっぷり入っているんやね!!

塾長

塾長

これらの貴重な栄養素が手軽に、調理なしで摂れるため
『天然のサプリメント』とも言われているのである。

ポリポリと軽い食感で、香ばしい風味が多くナッツが好きだという人は大勢います。

素のままでなく、スイーツやパン・サラダ・炒め物のアクセントなどとしても愛されています。

アーモンドの含有栄養素

  • ビタミン
    E
    B2
  • ナイアシン
  • 葉酸
  • ミネラル
    亜鉛

    マグネシウム
    カリウム
    リン
  • たんぱく質
  • 不溶性食物繊維
  • 1価不飽和脂肪酸
    オレイン酸
  • 多価不飽和脂肪酸
    リノール酸

これらの栄養素が含まれます。

サプリメントで摂取している人も多いのではないでしょうか?

詳しい含有量などはこちら

アーモンド栄養価
アーモンド効果は嘘!?|90%が本当の効果を生かしていない? 12

ビタミンE(α-トコフェロール)の含有量の王者!?

アーモンドの栄養素で特質すべきなのは、ビタミンE(α-トコフェロール)の含有が緑茶や植物油脂以外の固形物の食べ物の中でトップだということ。

特に、強い抗酸化作用があるのでアンチエイジングを木にしている人に打って付け!


ですが、現代人は加工食品などの食品添加物を日常的に摂っているのでアンチエイジングに限らず
しっかり取りたい栄養素になります。

簡単にいうと抗酸化作用とは身体が錆びていくの(フリーラジカル)を抑制してくれるという事。

食品添加物の酸化防止剤としても使われる位です。

足りないと、どうなるか?

ビタミンEが不足すると、神経や筋障害の症状がみられることがあります。そのため、血行も悪くなり、冷え性や頭痛、肩こりなどを起こしやすくなります。また、抗酸化力が低下するため、肌を紫外線などの刺激から守りにくくなり、シミやシワができやすくなります。また、血液中のコレステロールも酸化しやすくなるため、これが血管壁に入り込んで溜まり動脈硬化の原因につながります。

健康長寿ネットより

逆に多すぎると、どうなるか?

アーモンドは栄養価が高いから安心と思い、ポリポリ多く食べがちなので気をつけたい。

過剰症としては、血液が止まりにくくなることが知られていますが、実際には、摂取量の3分の2が便として排出されるため、脂溶性ビタミンの中では比較的体内に蓄積されにくく、通常の食事の範囲では過剰症はほとんど起こりません。

 近年、研究によりビタミンEの過剰摂取が骨量を減らし、骨粗鬆症のリスクを高める可能性が示唆され、注目されています。

健康長寿ネットより

アーモンドの脂質は“美容の油”!?

アーモンドの半分は不飽和脂肪酸です。

脂肪の構成要素である脂肪酸のうち、植物や魚の脂に多く含まれるもの。
体内で合成できないため、摂取する必要がある必須脂肪酸はこれに含まれる。

脂肪を構成している要素である脂肪酸は、分子の構造的な違いから飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されますが、そのうち植物や魚の脂に多く含まれるものを不飽和脂肪酸といいます。飽和脂肪酸はおもに動物性の脂肪に含まれます。

不飽和脂肪酸はさらに、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられます。

一価不飽和脂肪酸でよく知られているオレイン酸はオリーブ油に多く含まれ、血液中のLDLコレステロールを下げる効果があります。

多価不飽和脂肪酸はn-3系とn-6系に分けられます。
n-3系にはα-リノレン酸、DHA(ドコサヘキサエン酸)、IPA(イコサペンタエン酸)があり、α-リノレン酸は体内でIPA、さらにDHAと変化します。また、n-6系のリノール酸は体内でアラキドン酸を作り出し、イコサノイドという生理活性物質にもなります。α-リノレン酸・リノール酸・アラキドン酸は体内で合成できないため、必須脂肪酸と呼ばれています。

これらは動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を下げるほか、LDLコレステロールを減らすなど、さまざまな作用を持っています。ただし、熱や光、空気で酸化しやすく、過酸化脂質になるので注意が必要です。高温で調理すると大気中の酸素と反応し過酸化脂質となるので、食物として摂る場合、揚げ物や炒め物よりドレッシングなどに向いています。

e-ヘルスネットより

カロリーが高いのでダイエッターからは嫌煙しがちなのですが
とても身体に必要で大切な油です。

脳の6割は油脂で出来ていますし、細胞膜の原料も油脂です。
どう考えても削ってはならない栄養素ですね?

しかも、アーモンドの油脂はリノール酸オレイン酸の身体にとても良い油脂で
現代人は油脂の取り過ぎと言われていますが、この2つは足りていないと言われています。

ダイエット中でも油脂はしっかり摂り、代わりに精製糖などを減らす。

アーモンドを「習慣に」続ける事が大切。

アーモンドに限らずですが、毎日淡々と続ける事が大事です。

100均で最小のタッパーウェアを買って、一日食べる粒数を決めておやつ代わりに食べましょう!

朝は面倒になりがちなので、寝る前にセットしてから寝ましょう。
習慣はハードルの低い所からです。

最後におすすめナッツブランド

おすすめブランドを2つ載せました。

私は色々なブランドを食べて来ましたが
ます、素焼き無塩を選んでください。

最初は無塩だと、少し味気ない感じがしますが
すぐに慣れますしアーモンド本来の味わいを楽しめます♪

基本的に塩の取り過ぎの日本人なので
有塩は避けたい所です。

あまり、値段で選んでしまうと
湿気っていたり・形が歪過ぎたり・虫食いが入っていたり硬かったり。

日本のナッツの卸などで販売されているのは、選別されているので少々お値段は高くなりますが
形、風味など格段で良いものばかりでした!

全くもって、食べ過ぎ注意です!

これからは、小腹が空いたらアーモンド

ヘーゼルなっつも一緒にね!?

では

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトは を使っています。