人生の質を上げる物

GEO骨伝導イヤホン:期待を裏切るか、それとも超えるか?

ゲオ GEO 骨伝導
塾長
記事内に広告を含む場合があります当サイトでは「アフィリエイト広告」を掲載している場合があります。消費者庁が問題としている誇大な宣伝や表現に配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心下さい。問題のある表現がありましたらお問い合わせよりご連絡いただけますと幸いです。

「骨伝導ワイヤレスイヤホン、真の価値はどこにあるの?」

以前、私は誤ってただのオープンイヤーワイヤレスイヤホンを骨伝導イヤホンと間違えて購入した経験があります。

しかし今回は、『ゲオGEO』の真の骨伝導ワイヤレスイヤホンを手に入れ、その実力を直接体験することにしました。

そのレビューをここで皆さんに共有したいと思います!

前回の冒険は⇒こちら

骨伝導ワイヤレスイヤホンの使用経験から、その明確な長所と短所が見えてきました。

これらの情報を皆さんと共有し、あなたの次の音響体験選択を支援したいと思っています!

それでは、今日も一緒に素晴らしい音楽体験を探求しましょう。

追記

「使用するデバイスにより音量調整に違いがあることをご注意」

私の経験に基づくと、iPhone5SE(現在はiPhone6)、Android One5X、ASUS Chromebookの3つのデバイスで試した骨伝導ワイヤレスイヤホンの音量には、デバイスによる違いがあります。

特にChromebookでは、ボリュームを最大まで上げても、周囲の大きな雑音に対抗できない程度の音量しか出ません。一方、iPhoneとAndroid Oneでは、骨伝導の振動が強烈で気分が悪くなるほどの音量を実現しました。

私が試した範囲はこれら3つのデバイスに限られています。

Chromebookの音量問題がこの特定のモデルだけに限定されるのか、全体的な問題なのかははっきりしません。しかし、使用するデバイスによって音量に違いが出る可能性があるので、ご利用の際は注意が必要です。

可能であれば、購入前に使用予定のデバイスで試聴することを強くお勧めします。
これにより、ご自身にとって最適な音響体験を確実に選ぶことができます。

使用予定のデバイスでの視聴が出来ると間違いない!

PR

耳栓が同梱? 骨伝導イヤホンの意外な付属品

GEO骨伝導イヤホン
GEO ゲオ 骨伝導

詳しくは、ゲオGEOのHPへGO

追記:モデルチェンジした様です。
この記事の使用感はあくまで旧モデルですが、参考にしてみて下さい。

それでは、一番重要なポイント、つまり使用感について話しましょう。

私は過去に誤ってオープンイヤー型ワイヤレスイヤホンを購入した経験がありますが、それでも使用には特に問題はありませんでした。

私がレビューする際の比較対象は、以前誤って購入したいわゆる「空気伝導ワイヤレスイヤホン」です。

Amazonなどで「骨伝導ワイヤレスイヤホン」と検索すると、見た目が似ていて安価な商品がヒットします。

しかし、これらは骨伝導ではなく、単なるオープンイヤー型のイヤホンを骨伝導と偽装したり、説明を曖昧にしたりしているため、空気伝導イヤホンと呼ばれています。

ゲオGEO骨伝導イヤホン:価格と機能のバランスを探る

骨伝導イヤホンは少々重たい印象を受けますが、実際に装着してみるとその重さはほとんど感じません。

約3000円という価格帯であるにもかかわらず、手に取って触れてみると安っぽさはまったく感じません。

イヤホンを装着してみると、耳掛け部分が完全にピッタリとは密着しないため、メガネをかけている人でも違和感なく利用できる点は大きな利点と言えます。

骨伝導という性質上、密着性が必要となるため、オープンイヤー型よりも圧力感は強めです。

しかし、それが頭痛を引き起こすほどの圧力ではありません。

音質の評価:個人差と目的による

そして、音質についてですが、通常のスピーカーからの空気振動によって直接鼓膜を震わすものとは違います。頭の形や大きさは個々によりますから、一概には言えません。

音楽鑑賞が趣味という方には必ずしも推奨できませんが、何か他のことをしながら聴くには十分です。

オープンイヤー型と比較すると、音質の違いはそれほど顕著ではありません。

このため、「本当に骨伝導の意味があるのか?」と疑問に感じるかもしれません。

なぜなら、骨伝導イヤホンは振動する部分がありますが、それを少し離してみても、音楽はしっかりと聞こえます。

しかし、同梱されていた耳栓を使ってみると、これが真の骨伝導体験を提供していることがわかります。
耳栓をした状態で音楽が頭の中を流れるというのは、非常に奇妙な体験です。

ただ、耳栓をしながら骨伝導ワイヤレスイヤホンを使用すると、その存在意義が失われてしまいます。

オープンイヤー型と骨伝導イヤホンの比較:どちらが優れているのか?

一方、オープンイヤー型イヤホンの利点は、音楽を聴きながらでも外部の音がしっかりと入ってくる点です。BGMとして聞いたり、ラジオ感覚で使用するにはとても便利なアイテムと言えるでしょう。

また、当然のことながら、オープンイヤー型は耳栓をすると全く音が聞こえません。

ゲオGEOの骨伝導イヤホン:価格と機能性のバランスを見つめて

この金額で商品化したゲオGEOには感服します。しかし、オープンイヤー型が骨伝導の役割を十分に果たしているのではないか?と疑問を感じてしまう今日このごろです。

それぞれの特性について、わかりやすくリスト化してみたいと思います。
それぞれに一長一短があるので、あなたの用途に最適なものを選んでみてください。

骨伝導のメリット・デメリット

  • 頭の中で音楽が流れるという不思議な感覚
  • 近くで流れている感じがしないので外部の音がしっかり聞ける。
  • 高級機でも音質は求められないと思う。
  • 音漏れが少ない
  • 挟む力がわりかし有るので筋トレなど運動に向いている。
  • 重低音の強い音楽は頭が振られる感覚があって長時間はキツい。

オープンイヤー型のメリット・デメリット

  • 平均価格は安め
  • 高級機ならば良い音質も求められる
  • 装着箇所がズレるとステレオがブレる
  • 音漏れが少々。カナル型でも音漏れするような爆音さんには向かない

こんな感じでしょうか?

骨伝導の重低音:揺さぶられる感覚には注意が必要

骨伝導の重低音で頭が揺さぶられる感覚は、個人差があります。特に、三半規管が敏感な方は注意が必要かもしれません。私自身、わずかな平衡感覚のブレを感じました。

そのため、私は音量を控えめに設定して、あくまでBGM感覚で使用しています。

耐水性能もバッチリ:運動中の汗や突然の雨も安心

また、この骨伝導イヤホンはIPX4の防水等級を持っています。運動中の汗や突然の雨にも強いので、外出先でも安心してご利用いただけます。

「骨伝導イヤホンの価格問題:ゲオの解答」

興味を持っているあなたなら、市場での骨伝導ワイヤレスイヤホンの価格は一定の高さだということを知っているでしょう。
試聴後に納得して購入するならば、1万円以上のイヤホンに投資することも可能です。
しかし、その音質や感じ方についての不確実性は、1万円のハードルを感じさせます。私自身もその一人です。

ここでゲオの骨伝導イヤホンが登場します。税抜き2980円という驚きの価格での提供です。
この価格ならば試す価値はあると思いますし、教育費としても高くはないと思います。

そして、どこかでオープンイヤー型と骨伝導型のどちらも試聴できる機会があれば、積極的に試すつもりです。高級モデルが全く違う体験を提供する可能性もありますからね。その時には、この記事に追記したいと思います。

ゲオGEO骨伝導イヤホン:最終評価と結論

私はゲオGEOの骨伝導ワイヤレスイヤホンを購入し、オープンイヤー型ワイヤレスイヤホンと比較しました。

その結果、各々のメリットとデメリットを把握しました。

私にとって一番大きな問題点は、ボリュームを上げると低音が頭を揺さぶり、長時間の使用が辛くなるという点です。

価格性能比としてはまあまあで、4000円を超えていたら考慮しなかったでしょう。

他のメーカーが高価格を設定している中で、ゲオGEOのクオリティはそれなりに評価できると思います。

しかし、まださらに良い商品が出てくる可能性があることを考えると、オープンイヤー型の方が十分であると感じています。

ガジェット好きな方にとって、試してみる価値はあると思います。私自身は、筋トレ用にこのイヤホンを活用しています!

では

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
PR

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT ME
塾長
塾長
QOL向上エンジニア
私はかつて、許されない恋に心を奪われ、それが男性としての魅力について深く考えるきっかけとなりました。この経験から心理学、遺伝子学、大脳辺縁系など、さまざまな分野を探求してきました。苦い経験を乗り越え、現在では生活の質(QOL)を向上させるための研究と情報発信に注力しています。私の旅は、男性が内面から魅力を磨き、日々の生活をより豊かにするための実践的なアドバイスを提供することを目指しています。
PR
このサイトは を使っています。
記事URLをコピーしました