人間心理で人をたらす

出来ないと思い込まされているかも?|学習性無力感を克服できるか? 

学習性無力感
塾長
記事内に広告を含む場合があります当サイトでは「アフィリエイト広告」を掲載している場合があります。消費者庁が問題としている誇大な宣伝や表現に配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心下さい。問題のある表現がありましたらお問い合わせよりご連絡いただけますと幸いです。

失敗、実はおいしい?

偉人たちからの贈り物、失敗を味方につける名言があふれています。

これらは勇気をくれるだけでなく、私たちが挑戦を恐れないよう励ましてくれるもの。
でも、実際には「勝てば官軍、負ければ賊軍」という言葉が頭をよぎることもあるでしょう。

イーロン・マスクやウィンストン・チャーチル、アルバート・アインシュタイン、セオドア・ルーズベルト、ブルース・リー…彼らの名言は心に響くものです。
しかし、人は繰り返すうちに慣れてしまい、学習してしまうのが現実。

「壁を超えることを考えること自体が無意味」という考えが頭に浮かんでしまうかもしれません。そして、もしかしたら、あなたが行動できない理由かもしれないのです。

今回についてマジメな話は専門家に任せ、行動できない理由をおもしろおかしく考察していきます。名言の力を借りて、心の壁を乗り越え、明日への一歩を踏み出しましょう!

それでは、さっそく失敗のスイーツをいただきながら、一緒に楽しく学んでいきましょう!

PR

「耐える」の罠:アンコンシャス・バイアスのストレス対処法を見直そう

長期にわたってストレスの回避困難な環境に置かれた人や動物は、その状況から逃れようとする努力すら行わなくなるという現象である。他の訳語に学習性絶望感、獲得された無力感、学習性無気力がある。

Wikipediaより
無力感

ストレスにまみれた状況下、抜け出すのが困難になること、誰にでもあるよね?この奇妙な現象は、人間だけでなく、本能だけで生きている動物にも共通しているんだって。理性や世間体といった感情も関係なしに、誰にでも降りかかるストレス雨。

でも大丈夫!この記事では、どんなに苦しい状況でも、笑顔で乗り越える方法をご紹介します。さあ、ストレス王国からの脱却を目指して、一緒に楽しく学びましょう!

セリグマンの実験

マーティン・セリグマン博士
セリグマン博士

“ボタンを押せば救われる” ある犬たちのストレス対処法

実験の舞台は、A群とB群に分けられた犬たち。A群の犬は身動きが取れない状態で電気ショックを受け続け、B群は何も刺激を受けずに過ごしていました。

次に、新しい環境でA群もB群も電気ショックを受けることになりますが、ボタンを押すだけでショックを止められることが分かります。驚いたことに、B群の犬はボタンを押してショックを止める行動を取りますが、A群の犬はそうしません。

なぜか? A群の犬は、ショックを止めることができないと学習してしまったからです。彼らはショックが止められないものだと認識し、止める行動を取らなかったのです。

この現象は、理性を持つ人間にも起こります。むしろ、理性があるがゆえに、事態を認めずに納得してしまうこともあるのです。認知的不協和に似ていますが、厳密には違います。

この実験から学ぶべきことは、私たちも時に陥っているかもしれないということ。立ち止まって、自分の状況を客観的に見つめ直すことが大切ですね。

頭で理解しているのに動けないメンタルブロックを解消しよう

「分かってるけど動けない」、そんなメンタルブロックは、軽い状態かもしれません。電気ショックといった物理的な苦痛だけでなく、心理的な苦痛でもこの現象は起こり得るんです。

しかも、現代社会の複雑さが加わって、不安要素がどんどん絡み合っていく。すると、苦痛を避けた先に潜む不安を恐れ、ますます動けなくなってしまうケースが多いのです。

さあ、この記事で無力感と心理的苦痛の謎を解き明かし、メンタルブロックを突破しましょう!驚くべき現代社会の影響に目を向けて、心の自由を取り戻す方法を探求しませんか?

「モチベーション低下の正体:転職の不思議な関係」

仕事風景

働く上でのモチベーションと転職のジレンマ

仕事においても無力感が顔を出すことがあります。パワハラやモラハラ、評価の不公平さなど、どこの企業でもありそうな問題ですね。特に営業職では、成果が上がらずモチベーションが下がることも。

しかし、こうした状況は社会人になれば誰もが経験すること。セリグマンの実験と同じくらい深刻なものと捉えていいのでしょうか?実は、職場を離れる選択肢があるにもかかわらず、多くの人がその場に留まるのです。

転職には不安がつきもの。だけど、問題が解決されているならば、新しい企業へ飛び立つこともできるはず。もちろん、職場に気になる異性がいる場合は話は別ですが…!

それでは、関連づけるのはまだ早いと言えるかもしれません。さあ、この記事で働く上での転職のジレンマを解き明かしましょう!現代の働く人たちの心の葛藤に迫っていきます。

過去のイジメが蘇る瞬間:学習性無力感と精神的ストレス

人間関係

物理的な痛みだけでなく、精神的な苦痛も無力感につながることがある。

イジメがその典型例だ。私自身、中学生時代に精神的なイジメに遭っていた。当時は「この環境から抜け出せるまで耐え凌ごう」と考えていたが、実際に環境が変わっても、その影響は消えなかった。

成人式でかつての同級生に声をかけられた時、私は動けなかった。これも一種の無力感なのだろうか?それとも、ストレスによる意欲の低下なのだろうか?

“無力感マニアックス:あなたはどのサバイバー?”

あなたのタイプはどれ?

誰にでも起こりうる現象ですが、性格や気質によって陥りやすいタイプが存在します。ここでは、4つの典型的な例を面白く紹介します。

  1. 完璧主義のミスパニック:ちょっとしたミスも許せない完璧主義者。ある日、糸が切れて突然無力感に襲われる!
  2. 乱れた生活の無力ゾンビ:生活リズムが乱れることで、幸せホルモンが減少。ちょっとしたストレスでも無力感に襲われるゾンビ化現象!
  3. 良い子ちゃんロストジェネレーション:大人の期待に応えてきた良い子ちゃん。しかし、大人になり自分を見失い、無力感に陥ることも!
  4. クリティカルヒットサバイバー:一度だけでも大ダメージを受けた経験がある人。その後遺症で無力感に襲われることも!

あなたはどのタイプに当てはまるでしょうか?それぞれのタイプに共通するのは、適切な対処法で乗り越えられる可能性があることです。

自分を理解し、無力感から抜け出しましょう!

すべての人が経験する無力感:その原因と対処法を解説

誰もが無力感に襲われる!恋愛の失敗から大きなストレスまで

実は、恋の傷心や完璧主義の人にもやってくるんです。想像してみてください。恋人にフラれて、しばらく何も手につかないあの状況。まさに無力感そのものですね。

でも大丈夫!恋の傷は時間の薬で癒されることが多いです。ただし、完璧主義や大きなストレス、幼少期の親子問題などは、一生の傷痕になることも…(都合上、詳細は伏せますが)。

つまりは恋愛ドラマから人生の大問題まで、あらゆるシーンに登場するスーパースターなんです。だからこそ、無力感に立ち向かう術を身につけておきましょう!

心身の健康でメンタルブロックを蹴散らせ!

取りかかる気にもなれないタスクに遭遇したら「タスクを分解する」というタスクをつくってみましょう。「一気に終わらせよう」という気持ちを自分から切り離すことをおすすめします。

タスクを見るなり憂鬱になるとき、大抵私たちは頭のどこかで、タスクの「厄介な部分」について頭を巡らせているはずです。その結果、だんだんと「無力感」状態になってしまっている可能性があります。

「ToDoリストで消せないタスク」がなぜそのままなのかと言えば「キリのいい最初のゴール」が想像しにくい、という理由が挙げられるでしょう。ゴール のイメージが想像できないから、全く取りかからない。翌日まで放置する。しかし同じタスクに翌日改めて出会ったとしても、やはりキリのいいゴールが想像できないのは確かです。

「見つける」ではなく「探す」です。これならば、探しさえすれば見つけられなくても大丈夫なので「いつやめてもいいから、ちょっとだけ、5秒だけでも探すだけ探してみようか」という気持ちになれます。

運良く仮のゴールが決まったら、その「ゴールを達成する」というタスクをまずは終わらせましょう。タスクを細分化することが、ToDoリストに残り続ける「居残りタスク」を対処可能なものにしてくれるでしょう。

mitsucari.comより

私が思う万能薬は、心身の健康をキープすること!
それはまるで、睡眠・食事・運動がバンドを組んだようなもの。

これらがメンタルケア界のロックスターであり、無力感から解放される鍵なのです。

「当たり前だろ!」って言われそうだけど、実はこの当たり前が一番難しいんだよね。
自分の弱さと戦うのは大変だけど、現代社会があまりにも快適すぎるのも原因だ。

だから、自分は自分で守るべき!さあ、心身の健康を手に入れるためのバンド、始動だ!

知ることで開かれる扉:無力感との最後の決別

無力感の解決策を求め、具体例や無力感の原因、克服方法を紹介で専門家にお任せするも、この記事を書いた理由は、一連のプロセスを知ることが大切だと感じたから。行動心理学のように、知識が沼にハマるリスクを減らす魔法の杖のよう。

そう、自分を客観的に見る力があれば、理屈抜きで感覚的にわかるはず。だって、セリグマンの実験を見ても、我々は電気ショックを止めるボタンを押さなくなるわけじゃないからね!

知ることでパワーアップし、無力感とサヨナラを告げよう!過去の自分には、もう戻れない!

では

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
PR

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT ME
塾長
塾長
QOL向上エンジニア
私はかつて、許されない恋に心を奪われ、それが男性としての魅力について深く考えるきっかけとなりました。この経験から心理学、遺伝子学、大脳辺縁系など、さまざまな分野を探求してきました。苦い経験を乗り越え、現在では生活の質(QOL)を向上させるための研究と情報発信に注力しています。私の旅は、男性が内面から魅力を磨き、日々の生活をより豊かにするための実践的なアドバイスを提供することを目指しています。
PR
このサイトは を使っています。
記事URLをコピーしました