楽天市場は、本日のコチラからの購入でポイント最大7倍!

Q.O.Lを鑑みて、筋トレをしない理由が無い事がわかった。

5 min
筋トレ

筋肉トレーニングとは。。。

2021年6年越しに、なかやまきんに君が念願のボディビル大会を優勝した。

ムキムキのバキバキを目指すボディビルダーのイメージも強いかと思う。

しかし、

  • 運動嫌い
  • 疲れる
  • 太くなる(女性に多い)
  • 時間がない

これらがトレーニングをしない人の理由の9割だろう。

しかし、合理的に考えても

トレーニングをしない理由が見つからない訳がわかったので考察してみたいと思う。

この4・5分の記事を読んでいただければ
トレーニングがQOL(クオリティ・オブ・ライフ)をどれだけ上げるのか?
わかりますのでしっかり持って帰ってください。

という事で、本日もよろしくお願いします。

なかやまきんに君丨東京ノービスボディビル選手権大会優勝!!

TBBF 東京ボディビル・フィットネス連盟

有用性的な記事をの構想をしていた時に

バッチタイミングでこんなNEWSが飛び込んできたのだ!

なかやまきんに君こと、中山翔二さんが『東京ノービスボディビル選手権大会』にて念願の優勝を果たしました!!!

私は男の魅力を上げる一貫としてトレーニングもしていて、

You Tubeでもザ・きんにくTV 【The Muscle TV】ザ・きんにくTV 2nd 【The Muscle TV 2nd】を登録しております。

きんにくTVでは初心者でもわかりやすくトレーニングの仕方や食事や心構え的な事を解説しています。

きんにくTV2ndでは中級者以上に向けたよりマニアックな内容の話をしております。

活きた食事で、細胞から魅力的に!

活きた食事で、細胞から魅力的に!

時間
初月無料!何度でも何度でも利用OK!
初月無料!何度でも何度でも利用OK! 終了しました。1週間後に再開です♪

筋トレをする理由

簡単に言えば、お誘いでございます!

『男の魅力』はあがります!

もちろん、女性も魅力があがります。

間違いなく!

べつに私はボディビルダーになれ!と言っているのではなく

私も怠ける日もあれば、ガッチリ追い込んでいるわけでもありません。。。

ヘロヘロになる位に自分を追い込むのは月に一度くらいなものです。

ここでのお誘いは、毎日かるくでも良いので運動をしましょう!ということ。

それはQOLに直結するからに他ならないからなのです。

それでは、どのようなメリットがあるのか考察していきましょう!

デスクワーカーこそ!

私の業務は外回りと配達が8割、デスクワーク3割と言った所なので(1割多いのはブラックと言うご愛嬌)

わりかし身体を動かしている方ではあるのですが。それでもしています。

中途採用で入社してきた方は、最初の数ヶ月は身体を動かすので痩せていく方がほとんどです。
しかし食生活は変わっていないのに、以前の体型に戻ってしまう人がほとんどです。

それには、様々な理由があるのです。

ストレス

まずはストレス、仕事をしていれば少なからず。。。いや大きなストレスが日々かかります。
ストレスを受けるとコルチゾールが分泌されます。これが多すぎると太ります。

コルチゾールは生命維持のために欠かせないホルモンのひとつです。もともとは生物が外敵や飢餓など生命の危機に直面した際に分泌され、血圧や脈拍を上昇させて“非常事態”から脱出するためにはたらきます。正常に分泌されていれば睡眠中に脂肪や糖の代謝を行うため、ダイエットに効果的。しかし、四六時中ストレスにさらされ、コルチゾールが増えすぎると、成長ホルモンの働きを阻害し、基礎代謝を低下させ、エネルギー効率が悪く脂肪が燃えにくい体質です。いわゆる“ストレス太り”です。またコルチゾールが過剰になると、通常よりも大量のインスリンが分泌されます。インスリンは余ったエネルギーを脂肪として溜め込む働きがあるため、食事で摂取したエネルギーが脂肪になりやすくなります。

豊橋ハートセンター

しかしながら、

ストレスがゼロになれば良いわけではなく

人間のシステムとしてコルチゾールが分泌されるという事は生命活動に必須。

ストレスを受けるというのは色々あり

上司に嫌味を言われるのもストレスですが

脳内物質を考える時には

いつも先祖の呪縛を思い出さなければなりません。

先祖の呪縛というのをかんたんに言えば

人間の生物としての進化が

社会・文化・科学の進化に置いてけぼりになっていて

頭(大脳新皮質)ではわかっていても

本能(大脳辺縁系)は狩猟採集の頃のままで

現在は気にしなくても良い事を無視出来ない様な事を指して言ってます。

コルチゾールは、副腎皮質から分泌されるホルモンの一つです。主な働きは、肝臓での糖の新生、筋肉でのたんぱく質代謝、脂肪組織での脂肪の分解などの代謝の促進、抗炎症および免疫抑制などで、生体にとって必須のホルモンです。例えば、その炎症を抑える働きから、ステロイド系炎症薬として治療にも広く使われています。

 また、ストレスを受けたときに、脳からの刺激を受けて分泌が増えることから「ストレスホルモン」とも呼ばれています。分泌されたコルチゾールは各標的器官にて効果を発揮しますが、その濃度が高くなると、脳のネガティブフィードック機構によって自身の分泌が抑制され、その濃度を低く保つように制御されています。しかしながら、過剰なストレスを受け続けると、この機構が壊れてコルチゾールの分泌が慢性的に高くなり、これがうつ病、不眠症などの精神疾患、生活習慣病などのストレス関連疾患の一因となることが分かってきています。

ヤクルト中央研究所

という、事でちょうど良く分泌される分には必要不可欠なんですが

現代社会では対応しきれていなくて分泌し過ぎてしまうということが問題。

慣れ

慣れるから、といっても

慣れようが慣れまいが同じ身体の動きなら

消費カロリーは同じじゃないか!?

と思う方もいらっしゃるとおもいます。

しかしながら、人間の身体って良く出来ているもので

作業も同じ事を繰り返していくと使用カロリーが減っていき

初めた時よりも少ないエネルギーで行える様になるんです。

これは、飽食である日本で

ダイエットをしている人たちにとっては

邪魔なシステムでしかなんです。

脳の学習能力の神秘

毎回同じ様な事をしていると

脳が生きていく上で必要な事なんだな?

と判断するんです。

そうすると意識的にしていた作業も

だんだんと無意識でも行える様になっていくんです。

(スポーツ選手が反復練習をするのもまさにコレ!)

人間が意識しないで無意識に呼吸や心臓の鼓動を行っているのも

まさにそーゆーことなんです。

だから、最初の数ヶ月は痩せても慣れてエコモードシステムが発動してしまうので戻ってしまうのですね。(認知から動作までの神経回路もバイパスが完成して近道できる分、燃料が要らなくなる)

運動不足

身体を使った作業をする業務でもそういう事があるって事は

デスクワーカーは、確実に運動不足って事です。

食事は3食とらなければならないと思考停止で食べている人も多いです。

現代の食品は、美味しくするために

カロリーは高くなって、他の栄養素は少なくなっていると言われています。

つまり、身体は必要な栄養をが足りないとお腹がへります。

こういった食品だと、カロリー(糖質&オメガ6系脂肪酸)過多になりがちなのです。

テストステロンの分泌が増加

運動不足解消はもちろん

体型改善・テストステロンの増加により男らしさUP・仕事の生産性もUP

テストステロンは男性ホルモン(女性も分泌されている)の一種で

上記の効果はもちろん、太りにくい体質にしたり肌もキレイになります。

詳しい事はおいといて下記のテストステロンさんの著書がわかりやすくて面白くてオススメです。

テストステロンが多ければ良いってわけでもない!

あまり無いと思いますが、参考までに

活きた食事で、細胞から魅力的に!

活きた食事で、細胞から魅力的に!

時間
初月無料!何度でも何度でも利用OK!
初月無料!何度でも何度でも利用OK! 終了しました。1週間後に再開です♪

いい事しかない!始めない理由がない。

まずは軽い気持ちで始めめるのが良いと思い!

最初から目標が大き過ぎるから、トレーニングもダイエットも続かないのである!

ほんとうに、短期間で結果が出るものでもないのでゆっくりじっくりで良いんです。

腕立て何回・腹筋何回とかプランを考えがちだけど

はじめのうちは、それを考えているあいだに一回でも数をこなそう!こんなに少なくても大丈夫か?と思うくらいでOK!

数をこなす事よりも、毎日つづける事が大事。

習慣化されると、しないと逆に気持ち悪くなってくるもんなんですが、挫折する人のだいたいがこの域まで行かずに辞めてしまうんですよね。。。

オススメの方法としては、1回でもやってしまうことです。

はじめに張り切って、しっかりしたプランを作ってしまうと、モチベーションが上がっていない時に脳内で行う決断がし難いんです。

それを、30回やる予定の所を5回で良いや的な感じだと始めるのもけっこうサクッと出来るもので

さらに、身体を動かすと気持ちが上がってきて30回やってしまうということも少なくはないんです。

私も実際そうで時間がなくて10分だけでもと思って初めたのが1時間なんて事もかなりあります。

逆に本当に1回で、今日は無理。。。
なんて日もありますけどね。

トレーニングのお供にプロテイン

決して、良いことばかりでもない現実。。。

ダイエットにランニングをしている人も多いと思うが、

あまり、負荷が高くなると老化を早めるという論文もあるようです。

しかも、ダイエッターには残念がお知らせかもしれないが、

持久走などの有酸素運動は、

続けると同じ疲れでも、長い距離が走れる様になってくる。

それは、エネルギーを効率的に使用できる様に、

身体が変化してきたのである。

つまり、燃費がよくなったわけで

カロリーをより多く消費したいダイエッターには残念なお知らせなのである。

他にも下記の動画では運動のデメリット等を要約しているので

見てみてほしい。

より深く知りたい方は、本をも読んでみてほしい

ペーパーでもkindleでも読めます。

Kindle Unlimitedなら無料でございます。

では

スポンサードリンク
塾長

塾長

訳あり中

毎日1%でも成長できれば、1年後には複利でどれだけ?をモットーに!
人生を豊かに出来る、マインド・アクションを発信♪

世の中の事を人とは違った視点で俯瞰したいタイプ♪

人間(男)魅力とは?を考えていたら、世の中の知らない方が良かったかもしれない事も知りつつあり戻れなくなっている。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトは を使っています。