お買い物マラソン ポイント最大10倍!!

ペカン?ピーカンナッツ摂るべき理由丨バターの木と言われる所以

4 min
ピーカンナッツ

Audiobookを聴いている時間もないほど、多忙なあなたには『フライヤー』要約で更に時短!

時間
要約で気に入ったら、じっくり読め(聴け)ば良い!
要約で気に入ったら、じっくり読め(聴け)ば良い!

アーモンドやクルミと比べると、それほど有名ではないピーカンナッツ。

見た目のグロさとは裏腹に香ばしくてほのかな甘味がとても美味しいナッツなのでした。

近年、ヘルスケアブームに乗っかりナッツがとても盛り上がっています。

なっつと言えば、アーモンドを筆頭にクルミ、カシューナッツ・マカダミア・ピスタチオ・ヘーゼルナッツなどが有名どころです。マイナーなところでブラジルナッツでしょうか?

サラダやおつまみ、スウィーツなどで使われているからかもしれません。

以前に記事にしたブラジルナッツもマイナーなナッツで紹介しましたが、今回は同じくマイナー?だと個人的には思うピーカンナッツをご紹介したいと思います。

この4分前後の記事を読みこなせば
『ピーカンナッツ』を摂取するべき理由が理解できます。
数種類あるナッツの中でも
味・栄養でとてもオススメですので
しっかり持って帰ってください。
それでは、本日もよろしくお願いします。

とにかく、美味&栄養価

ピーカンナッツタルト
ピーカンナッツタルト

健康志向でナッツを食べようと思ったときに、思い浮かばないが
最初は見た目に抵抗があっても、香ばしさとほんのりとして甘さで病みつきになることは先にお伝えしておきたい!

そして、おやつ代わりでも十分なのだが
どんな栄養素が豊富でどんな効能があるのか知っておいても損はないだろう。

どんな栄養&効能があるのか?

がんや生活習慣病などを予防する効果が期待できる[a]ELLEgourmet丨ピーカンナッツの驚くべき栄養価とは?よりと言われている。

生活習慣病は、意識してもなかなか改善は難しいです。
なぜならば、社会の闇が潜んでいるからに他ならないからです。

TVCMや加工食品・食品添加物など思考せずに生活していると
気づかずに生活習慣病になるような方向に誘導されてしまいます。

これを期に、社会の見方を改めて搾取されないように努めたいものです。

不飽和脂肪酸が豊富。

不飽和脂肪酸
不飽和脂肪酸

一価不飽和脂肪酸、オレイン酸が豊富でオリーブオイルで有名ですね。
抗酸化作用が強いのでアンチエイジングに持ってこいです。コレステロール値の改善に良いのも有名です。

多価不飽和脂肪酸、オメガ3系脂肪酸が豊富で
こちらもコレステロール値の改善や皮膚や動脈硬化の予防や血流改善に役立ちます。
えごま油や亜麻仁油が有名です。

オリーブオイルは、使い勝手もよく摂取しやすいですが、えごま油や亜麻仁油は値段も高めですし
油をスプーン1杯を直接飲むっていうのは抵抗がある人もいると思います。

オリーブオイルも、あの風味が苦手な人が多いですね?
そういう人は、グレードの高いオイルを選ぶのもありですが(安いオリーブオイルは混ぜものも多くフレッシュでないので風味が落ちるし栄養価も低い可能性がだるかもしれません。)私個人の感想では安いオイルはえぐ味が強い印象でグレードが高くなるとフルーティーな印象です。

ビタミン&ミネラルも豊富

ビタミン・ミネラル
ビタミン・ミネラル

ビタミンEも豊富である。
抗酸化ビタミンの代表格ですね。アーモンドも多いですがペカンナッツも多いです。

ビタミン&ミネラルのバランスが良いのも魅力
特にマンガン・銅

総じて、抗酸化栄養素が他のナッツに比べても多いのがペカンナッツになります。

実は、クルミの親戚のようなもの

お世辞にもキレイな形とは言い切れないピカンナッツですが、どこかで似たようなナッツを見たことをありませんか?

そう!クルミです!!

クルミも硬い殻を割ってみると、中からあのゴニョゴニョとした形容し難い形のモノだ出てきます。

クルミ イラスト
クルミ

クルミは渋みがあるのに対して、ピカンは甘くコクがあるので
私達はクルミの方が馴染みがあるが、ピカンの方が食べてみると馴染むのである。

クルミがパンなどに多く使われれるのに対し、ピカンはケーキなどのスウィーツによく使われます。

クルミも、スウィーツに使われますがピカンがトッピング的な感じなのにクルミは生地に混ぜ込んだりして使用することが多いかと思われます。

ピカンの殻はクルミと違い手で剥けるのも大きな違いの一つですね!

100gあたりピーカンナッツくるみ
カロリー(kcal)702674
脂質(g)73.468.8
一価不飽和脂肪酸(g)37.3310.26
多価不飽和脂肪酸(g)24.0650.28
食物繊維(g)7.17.5
マンガン(mg)4.373.44
亜鉛(mg)3.62.6
α-トコフェロール(mg)1.71.2
栄養価の違い

オススメの食べ方は?

私は、健康志向としてナッツを食べているので
無塩ローストしたものを食べています。

他のナッツもそうですが、生の方が栄養価的には良い部分もあります。
しかし、発芽毒(発芽抑制因子)がありアブシジン酸という物質。

アブシジン酸は、水にさらしたり熱を加えると影響がなくなるのでローストタイプをオススメします。まあ、生は湿気ってる感じもありますしローストの方が香ばしくて美味しいのでローストを頂きましょう。

アブシジン酸とは植物ホルモンであり、発芽抑制因子として植物の発芽を調整しています。このアブシジン酸を人間が摂取すると、ミトコンドリアに悪影響を及ぼし、エネルギー代謝が上手く行えずに低体温や免疫機能の低下などの問題が発生するといわれています。しかし、アブシジン酸は浸水したり、熱を加えたりすることで不活化します。

食健オフィシャルサイトより

参考文献&参考サイト

References

スポンサードリンク
塾長

塾長

訳あり中

毎日1%でも成長できれば、1年後には複利でどれだけ?をモットーに!
人生を豊かに出来る、マインド・アクションを発信♪

世の中の事を人とは違った視点で俯瞰したいタイプ♪

人間(男)魅力とは?を考えていたら、世の中の知らない方が良かったかもしれない事も知りつつあり戻れなくなっている。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトは を使っています。